どんどんキレイになる人のワケ


2018年がスタートしました。今年はダイエットに成功して、キレイに磨きをかけましょう! 大事なことは「自分で行うこと」。自分だけのキレイを見つけ、プロデユースしてみませんか。(2018.01.05)


 

 

eico_20180105

あけましておめでとうございます。
今年も植物なんとか部「EICO式ダイエット部」をよろしくお願い致します。
2018年は、ダイエットに成功して更にキレイになりましょう!!

「キレイになりたい」と聞くと思い出すことがあります。
今から10年前くらいでしょうか。ミス日本時代の友人達と一緒にテレビ番組を見ていました。
それは、冴えないといわれる女性をメイク、ヘアセット、エステやファッションで見違えるほど美しく変身させる番組でした。
プロのメイクアップアーティスト、エステティシャン、スタイリストなどが持てる技術を出し合って彼女をシンデレラのように変えるのです。
変身した女性はキラキラ輝いていて、「私でもこんなにキレイになれるんですね!」と言って感動しています。テレビの中の審査員も一様に彼女やプロの技術を賞賛しています。
一見すると夢のような企画。
しかし、私達はそれをみて全く同じ言葉をつぶやいたのです。

「かわいそう」

こんなステキな企画がかわいそう? 何故でしょうか?
それは、変身した彼女は、自分で工夫をしていないからです。
自分の力でキレイを磨いたのではなく、全て受身でした。
テレビの収録があった次の日、彼女は変身する前に戻ります。
日常生活に戻ったときに、美容のプロはもういません。
プロを毎日雇うのも金銭面でも時間を作るにしても、現実的ではありません。
彼女は、最高にキレイになった自分を知っているのに、自分の力ではないからきっと維持ができない。

実は、ミスコンテストではメイクやヘアセット、そして洋服選びも自分で行います。
ミス日本に出る前は、服、水着、靴やヘアメイクなどはしてもらえると思っていたのでびっくりしました。(今では水着は統一されています。)
メイクレッスンやスピーチレッスン、ウォーキングに心理学の勉強会にボランティア活動などたくさんのプログラムを用意して下さっていますが、これらの参加は候補者の自主性に任せられます。自分で自分を分析して、よいところを知って、テクニックや見せ方などを学んで、実践してきます。
候補者は、「キレイになりたい」と思っているだけではなく、自分で工夫したり、努力をするので、もっと輝き出すのです。
受け身ではキレイは維持できなくって、自分で努力をしたり、工夫する必要があるのです。

キレイになるために、プロの意見やテクニックを取り入れるのはオススメです。
私もダイエットをしたり、メイクレッスンにいったり、オシャレな人に似合う服のアドバイスを積極的に聞いて取り入れています。
撮影でもメイクさんがいつもいるわけではないから、雑誌を見たり、レッスンに行ったりして自分で自分のキレイを維持できるようにします。衣装のトレードマークのブルーウェアはUNDER ARMOUR WOMENがオリジナルで作ってくれたもの。これもおまかせではなく、「こんなものが着たい」と伝えてできたデザイナーさんと制作スタッフさんがカタチにしてくださいました。撮影のときの他の服は、基本的には私服です。テレビの出演なども衣装は滅多にないです。
今回の写真は、ミス日本にを応募したときに送った写真です。ダイエットに成功した後の22才の時。
メディアでは初めてお見せします。
これは通っていた美容室の美容師さんに腕の良いカメラマンを紹介して頂いて撮りました。
ヘアメイク+撮影代5万円で、当時の家賃以上の価格でしたが、清水の舞台から飛び降りる思いでお願いしました。
この写真は一生の思い出で、この写真からスタートして準ミス日本になれたので、本当に良い決断だったと思います。

大事なのは「自分で行なうこと」なのです。

太っていたとき、「お金がないからキレイになれない」と言っていました。
メイクもファッションもお金がかかるもの。だから、学生でお金がない自分はキレイになれないと思い込んでいました。
振り返れば、コスメグッズは安価で品質が良いものもたくさんあるし、ファッションもファストファッションのお陰でおしゃれを充分楽しめます。
工夫をすることでオシャレにしている同級生もたくさんいました。
私は、お金を「行動をしないことの理由」にしていたのです。
当時、キレイは人に磨いてもらうものと捉えていたから、お金がないからできないという偏った考えになっていたのですね。

自分で自分を磨くことこそが、毎日キレイでいるための方法。
そのために、自分のことを誰より深く知ること。
自分らしさは、どこかに落ちているのでなく、自分の中にあり、まるで宝石みたいに発掘しなければ発見できないもの。女性は本来みんな比べることができない自分だけのキレイを持っています。世の中でキレイといわれている人は、研究して自分で自分のプロデューサーをしているのです。磨く技術やアイテムは、プロから学びますが、実際に磨く作業は自分にかかっています。

あなたは自分らしいキレイを知っていますか?
もし、あなたが自分らしいキレイをまだ知らないなら、キレイを諦めるのは早いのではないですか?

ダイエット後

 

Profile
ダイエットコーチEICO(エイコ)
日本初のダイエットコーチとして、マンツーマンで700人以上ものダイエットを指導。自身も21歳の時に4ヶ月で11キロ、1年でトータル20キロの減量を達成し、翌年準ミス日本を受賞。「女性美を追究した、健康的で無理のないダイエット」がモットー。特に下半身ヤセに定評がある。「リバウンド率ゼロ」をキャッチコピーに、徹底的なカウンセリングから、生活スタイル、運動経験、体質などを分析し、最短で最適なダイエット方法を提案している。著書に『どうしてもヤセられなかった人たちが“おデブ習慣”に気づいたらみるみる 10kgヤセました』(扶桑社)『ダイエットが「ツライ」と思ったら読む本』(KKベストセラーズ)『リバウンド率ゼロ! EICO式下半身やせメソッド』『食べてもヤセる! リバウンド率ゼロ! EICO式ヤセ食べメソッド』『ダイエットで悩んだって、1kgも減りません』(全て主婦の友社)、『ウエスト58センチ!おなかヤセのきほん。39』(大和書房)他多数。

EICO宣材バストアップ

 

■オフィシャルブログ http://ameblo.jp/eico-diet/
■Twitterアカウント http://twitter.com/diet_EICO
■公式Facebookページ http://www.facebook.com/dieteico