痩せるコツは……、ブラックジンジャーと筋肉にあり!


ブラックジンジャー部の2回めは、前回に引き続いて「ダイエットと筋肉の関係」に迫りつつ、「ブラックジンジャーが筋肉にどんな影響を与えるのか」を解き明かしていきます。キーワードは「除脂肪体重」!! この言葉、知ってますか?(2016.5.20)


 

belly-2473_1920


ダイエットで減らしたいものと、減らしてはいけないもの


ダイエット中は毎日体重計にのり、体重が減っていく様子を感じることが何よりのよころびであり、励みになります。

でも、「体重の減少」とひと口に言っても、その中身には種類があることを知っていますか?

人の体重を構成する要素を大きく分けると、「体脂肪量」「除脂肪体重」のふたつに分けられます。
「体脂肪量(= 体重 × 体脂肪率)」 とは体脂肪の重さのことで、体重を減らしたいときには、この体脂肪量を減らさなくてはいけません。
一方、「除脂肪体重(= 体重 - 体脂肪量)」とは、体重から体脂肪を除いた全組織の重さのこと。筋肉や骨、内臓などの重さを表しているので、体重を減らしても除脂肪体重は減らないようにしなければなりません。

 


筋肉が減る=基礎代謝が低下……その先には!?


「ダイエット=減量」といっても、ダイエットで減らす対象としているのは、もちろん脂肪のはず。ところが、たとえば食事制限だけの無理なダイエットをすると、筋肉が減ってしまう=除脂肪体重が減り、基礎代謝量が下がってしまいます。基礎代謝が低下すれば、食べたものを消化しきれず、脂肪が減るどころか太りやすいカラダになってしまいます。
エネルギーを消費するためには、除脂肪体重はとても重要です。除脂肪体重を減らさない、むしろ増やすことが正しい減量といえるでしょう。

 


ブラックジンジャーが正しいダイエットを成功させる!


そして、ここからが大事!
ブラックジンジャーには、除脂肪体重を増やしていく働きがあることが解明されています。さらに、エネルギーとして利用されにくい内臓脂肪や皮下脂肪を燃やしてくれます。

 

ヒトボランティア試験_内臓脂肪・皮下脂肪・除脂肪の変化

 

最新の研究では、ブラックジンジャーには、筋肉の質を高める働き(筋肉機能改善効果)があることもわかってきています。
筋肉量が増加、しかも質のよい筋肉が増えることで基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がれば、いらない脂肪が燃えていきます。これが、正しい「ダイエットスパイラル」です。
除脂肪体重を維持しながら体脂肪だけを減らす。ブラックジンジャーは、効率的に体脂肪を減らしていくことができる「スーパーボタニカル」なのです。

次回は、ブラックジンジャーの高いダイエット効果を生み出す、もうひとつのメカニズムについて、お伝えします!

 

【関連記事】

ブラックジンジャーが今年も大ブームの予感。そのワケは?

脂肪燃焼と太りにくい体質を一気に手に入れる