年末食べ過ぎ対策は服におまかせ!

スクリーンショット 2017-11-30 22.54.00
12月になりました。
忘年会のシーズンになるとなかなかダイエットがうまくいかない方が増えてきます。

飲み会や食事会で太るのは、せっかくお金を払ったから元をとらないと、といって食べ過ぎるからです。
根本的な考え方として飲み会の費用は、
『皆さんとのコミュニケーション代』です。
食事代と考えるから食べないともったいないと思ってしまうのです。
そして、忘年会や外食続きで食べ過ぎた結果、ヤセるためにダイエットグッズを買ったりして更にお金がかかるのです。

飲み会の機会が多くても、太らない人は太りません。
飲み会の席で食べることに執着しすぎないこと。

飲み会の席で食べ過ぎてしまう方の共通点があります。
・席についたらすぐに割り箸を割って食べる準備万端
・人よりお皿と交流をする
・食べたいものを一気にオーダーして頼みすぎる
・とりあえずすべての食べ物を味見しないと気が済まない
・人と話しているときも常にお箸をもっている
・手持無沙汰で何か口に入れる

対策方法としては、
・おなかペコペコで飲み会に臨まない。
・食べていない時はお箸をおく
・食べ物は逃げない。焦ってガッつかないこと。
・もし他人に自分の分を食べられたとしてもその食べ物を今後一生食べられないわけではない。
・最初のオーダーは人数分。例えば4人なら4種の食べ物。
・追加オーダーは1~2品ずつ。お腹の具合を確認しながら。

大皿での料理もよく見られますが、そんな時こそ、
「すべてのものになんとなく手をつけるのを止める」こと。
もしくは、「どこでも食べられるものは食べない」こと。
例えば、ポテトフライなどどこでも味があまり変わらないなと思うのであれば、手をつけないなどルールをつくりましょう。

それでもつい食べすぎてしまう。
そんな方は事前に物理的に食べられない作戦をご紹介。
それは、服装です!!!
大事なのは「意思の強さ」ではありません。

私は、立食パーティではわざと薄い色の上品なワンピースを着ます。
なぜか?
お皿を持っている時にこぼしたり、汚したりしないようにするために静かに丁寧に動くからです。
ガサツな動きをしなくなります。
また上品なワンピースを着ていると気持ちもゆったりするので、
焦って食べ物に向かう気持ちが減ります。
立食パーティで白いワンピースを着て、ナポリタンのバスタを食べられますか。
汚れると目立ったり、汚したくない服を着ていることで、自然と食べすぎなくなるのです。

他にも、サイドかバックにジッパーがあるぴったりのワンピースやトップスを着ます。
ジャケットを着ることも。
なぜでしょう?
食べ過ぎるとお腹がくるしくなるから!
男性だとベルトもいいかもしれませんね。
カラダのラインが出る服をわざと着ることでお腹ぽっこりにならないように工夫したり、服がきつくなって食べ過ぎるのを防ぐのです。

自分の意思じゃなくて、服に食べ過ぎを止めてもらうのです。

ゆるい服ではなく、ジャストフィットの服を選んできましょう。
間違っても、飲み会中にベルトを緩めたり、パンツのボタンを外してまで食べないこと。

そして、せっかくの人に会う機会です。
ヘアスタイルもメイクも思いっきり楽しんでキレイなあなたでいましょう。
キレイにおしゃれをしたら、気持ちにもゆとりがでます。
そうすることで行動が変わってきます。
ヘアメイクをきちんとして、ジャストフィットの服を着たあなたは人の目を気にして、大ジョッキのビールを片手に唐揚げをいくつもほおばるなんてことは、きっとしなくなります。

飲み会や食事会は人との交流の場です。
飲み会をダイエットの妨げと思うのは、ちょっとさみしいです。
なんのためにダイエットをしているかといったら「自信をもって人に会いたい」という人が多いのです。
人と会うことでポジティブな刺激をうけることができるので、ダイエットのために食事会や飲み会を断り続けるのはナンセンス。
飲み会ではいかに楽しみながら、食べ過ぎを防ぐか工夫しましょう。
私も忘年会は奮って参加しております。
うまく工夫して付き合いましょう。

年末年始はやせようと思わなくっていいのです。
維持をしていればいいのです。
年始からまたダイエットに加速をつければ問題なしです。

今年も1年間、「植物なんとか部 EICO式ダイエット部」のコラムを読んでくださり、ありがとうございました。
少し早いですが、良いお年を!!

Profile
ダイエットコーチEICO(エイコ)
日本初のダイエットコーチとして、マンツーマンで700人以上ものダイエットを指導。自身も21歳の時に4ヶ月で11キロ、1年でトータル20キロの減量を達成し、翌年準ミス日本を受賞。「女性美を追究した、健康的で無理のないダイエット」がモットー。特に下半身ヤセに定評がある。「リバウンド率ゼロ」をキャッチコピーに、徹底的なカウンセリングから、生活スタイル、運動経験、体質などを分析し、最短で最適なダイエット方法を提案している。著書に『どうしてもヤセられなかった人たちが“おデブ習慣”に気づいたらみるみる 10kgヤセました』(扶桑社)『ダイエットが「ツライ」と思ったら読む本』(KKベストセラーズ)『リバウンド率ゼロ! EICO式下半身やせメソッド』『食べてもヤセる! リバウンド率ゼロ! EICO式ヤセ食べメソッド』『ダイエットで悩んだって、1kgも減りません』(全て主婦の友社)、『ウエスト58センチ!おなかヤセのきほん。39』(大和書房)他多数。

EICO宣材バストアップ

 

■オフィシャルブログ http://ameblo.jp/eico-diet/
■Twitterアカウント http://twitter.com/diet_EICO
■公式Facebookページ http://www.facebook.com/dieteico