【植物物語】夏老けを防ぐ「黄杞」で体の中からアンチエイジング!


例年よりも早くやってきた暑さで、早くもバテ気味の人もいるのではないでしょうか。「女性は夏に老ける」なんて言葉もありますが、アンチエイジングやダイエットに効く植物として「黄杞(こうき)」をクローズアップしましょう!(2018.07.19)


kouki

画像素材:PIXTA


ほんのり甘い葉は中国で健康茶として重宝


黄杞は中国の南部に自生するクルミ科の常緑樹です。その葉はほんのり甘く、昔から甘茶としてこの地域では重宝されてきました。解熱や解毒、肥満予防、美肌などを目的に古くから飲まれてきました。最近では日本でも「黄杞茶」または「黄杞葉茶」として販売されていますが、ほんのりとした甘さの飲みやすい味が特徴です。


フラボノイド「アスチルビン」が活性酸素を押さえる


黄杞には「アスチルビン」という成分が含まれています。アスチルビンはフラボノイドの一種で抗酸化作用が強く、体内で活性酸素や過酸化脂質の生成を抑える働きがあります。体の内側からも、外側からも、若さを保つ働きがあります。


体の内側からアンチエイジング


■生活習慣病の予防
活性酸素や過酸化脂質は血管を老化させ、動脈硬化や高血圧など生活習慣病の原因にもなります。アスチルビンを摂ることで活性酸素を除去して、生活習慣病を予防する効果も期待できます。

■ダイエット効果
黄杞には、中性脂肪やコレステロールの分解を促し、生活習慣病を予防する働きもあります。肥満の予防効果も期待できます。

■排尿トラブルを改善
残尿感や、我慢のつらさ、尿の勢いが弱い、排尿時にいきむ必要があるなど、軽い排尿トラブルを抱える人が黄杞を摂取したところ、悩みが改善されたという結果が報告されています。


体の外側からアンチエイジング


■美肌効果
黄杞は抗炎症作用が強く、老化を引き起こす物質の生成を加速させる原因を抑える働きがあります。肌のキメの乱れを予防したり、肌の糖化も防ぐため、美肌効果が期待できます。黄杞葉から抽出したエキスは化粧品などにも応用されています。

■つらいアレルギー症状を抑える
アスチルビンが持つ抗アレルギー作用によって、アトピー性皮膚炎の皮膚症状などを抑える効果が期待できます。

黄杞の葉を使った黄杞茶は、くせがなくて飲みやすいので食事の味を邪魔しません。食前食後や水分補給のために飲むお茶としておすすめです。ビタミン、ミネラルも豊富に含まれているので、この夏に老けない女になるために、ぜひ習慣づけてみてください!