【BOTANICAL RECIPES】月桃チャイタピオカドリンク


植物のチカラを手軽においしく採り入れるレシピをお届けする“BOTANTICAL RECIPES”。野菜ソムリエの公門秋絵さんに月桃茶を使った『月桃チャイタピオカドリンク』を教えてもらいました。(2018.06.08)


月桃チャイ1

暖かくなって、ようやく羽織るものがいらなくなってきましたね。

昼間は半袖で身軽に過ごせるようになりました。
そう、肌の露出が多くなる季節……ダイエットを始められる人も増えてくる季節ですね。
今回はダイエットに効果があると言われている月桃をご紹介します!

月桃は月桃茶として販売されていますが、なかなか普通のスーパーには置いていなさそうです。ネットで調べるといくつか出てきますのでご安心を。
月桃は熱帯・亜熱帯に自生しているショウガ科ハナミョウガ属の多年草です。日本だと沖縄が主な産地のようですね。
月桃茶という名前から甘い桃のような香りのお茶を想像してしまう方も多いと思いますが、ショウガのようなちょっとくせのある、アジアな香りがするというか、独特の強い香りが特徴です。

〈月桃茶の成分〉
ポリフェノール
脂肪酸(リノール酸、オレイン酸、リノレン酸)
食物繊維
ミネラル(カルシウム、鉄分マグネシウム、亜鉛)

ポリフェノールは赤ワインの34倍含まれるらしく、
1日あたりのポリフェノールの摂取量の目安はだいたい1000mg〜1500mg。
ワインだと500mlぐらいかな……グラスで3杯ぐらい?んー、私は飲めないかな(苦笑)
月桃茶だったらワインの34倍と言われているのでカップ1杯で十分に取れそうですね。
このポリフェノールのタンニンが脂肪吸収の抑制をしてくれます。
また、毛細血管へ働きかけ血行を促進することで、むくみ感を解消してくれます。
ポリフェノールはアレルギーの改善にも効果が期待できます。

リノール酸によって脂肪分解し脂肪を燃えやすくすることから太りにくい体を作る助けになり、血圧、血糖値を下げてくれます。

そして、食物繊維はお通じに良く腸を元気にしてくれますのでダイエットには必須ですね。

というように月桃茶はダイエットの強い味方になってくれそうですね!

 

<月桃茶飲み方色々>
ダイエット効果がある月桃茶ですが、そのまま煮出して飲むのが一番シンプルで飲みやすい方法。
また同じ脂肪燃焼の効果があるマルベリーをブレンドしたり、血行促進効果のあるエルダーフラワーなどをブレンドしたりして飲むことで効果もアップ! 味の変化も楽しめていいかもしれません。

このアジアな独特の味はどうやって飲むと楽しいだろう? と考えて思いついたのが月桃チャイタピオカドリンク!!
タピオカって思ったよりちゃんとカロリーもあって、ダイエット食ではないのですが、腹持ちがいいというところを利用して、3時のおやつにこの月桃チャイタピオカドリンクを飲むと、夕食を控えめに食べることができ、ダイエットに役立つかもしれません!

☆月桃チャイタピオカドリンク☆
【材料】4杯分
月桃茶 4g
紅茶 大さじ1
牛乳 500ml
ブラックタピオカ 50g
はちみつ 大さじ1
黒砂糖 大さじ1〜2
シナモン 1本
【つくりかた】
①1リットルのお湯を沸かし、そこにタピオカとはちみつを入れます。
②ブラックタピオカを入れ20分ほど茹で、火を止めてまた30分ほど置きます。
使わない分は冷凍しておきます。
③鍋に牛乳と紅茶の葉、シナモン、月桃茶葉を入れて煮込みます。
④沸騰しないようにゆっくりと20分ほど煮出します。
⑤葉っぱなどをこしてボールに移し冷まします。
⑥⑤の粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。
⑦冷えた月桃チャイにタピオカを入れて完成!

今回はブラックタピオカを入れてみましたが、そのままチャイとして
アイスでもホットでも飲むことができますのでお試しください!

monmarche

profile
公門秋絵
Akie Kumon
企業で15年程広報・広告の仕事を経て、糸島市(福岡)で古民家を改装した自然食の店舗、カフェ、レストランにて取締役として企画・開発・販売まで行う。この頃に通った糸島では野菜作りにも興味を持って畑をやり始める。現在は「cu mondo(クモンド)」毎日を楽しくする衣食住の情報サイトを立ち上げ、時々訪れる海外の情報を交えながら福岡から発信。オーガニック野菜やこだわりの野菜、加工品などを販売するモンマルシェも開催。OVJ(オーガニックビレッジジャパン)福岡担当としてオーガニックに関わる情報を収集中。
■cumondo  http://cumondo.sakura.ne.jp/